2013/11/06

『天空の城ラピュタ』ムスカはなぜ3分間待ったのか? ~ジブリの絵コンテから分かること~


ジブリの絵コンテから分かること、
今回は『天空の城ラピュタ』から。



物語は終盤もクライマックス直前。

ムスカから飛行石を取り返したシータは、パズーに何とかそれを渡すも、自身は玉座の間で追い詰められてしまう。しかし、シータは気丈にもムスカに抗ってみせる。

シータ「ラピュタがなぜ亡びたのか、私よく分かる…。ゴンドアの谷の歌にあるもの。『土に根をおろし、風とともに生きよう。種とともに冬を越え、鳥とともに春をうたおう……』どんなに恐ろしい武器を持っても、たくさんのかわいそうなロボットを操っても、土から離れては生きられないのよ!」

即座に発砲するムスカ。シータのおさげを撃ち落とす。ムスカ「ラピュタは亡びぬ。何度でも甦るさ!ラピュタの力こそ、人類の夢だからだ!!」
もう片方のおさげも撃ち落とすムスカ。ムスカ「次は耳だ。ひざまずけ!命ごいをしろ!小僧から石をとりもどせ!」

急いで駆けつけるパズー。もはや弾の入っていないランチャーで賭けに出る。パズー「石は隠した。シータを撃ってみろ、石はもどらないぞ!」

石を渡す条件として、シータと二人きりで話がしたい、というパズー。対するムスカは「3分間待ってやる」と、猶予を与える。

そして、その間にパズーとシータは“ある決断”を下す…。


ムスカはなぜ3分間待ったのか?
相談させれば、おとなしく石を渡す可能性も、低いがゼロではない、と踏んだのか。それもあるかもしれません。ですが、絵コンテ集からは、もうひとつの理由が浮かび上がってきます。


「ムスカ、このスキ、装弾する
実はもう弾丸がなかったのです」
「ムスカ、このスキ、装弾する 実はもう弾丸がなかったのです」

弾を撃ち尽くしていたのですね。彼は彼で、これ以上は追い詰める手が無かった、と。それで猶予を与えたふりをして装弾したわけですか。やはりムスカ、ずる賢い男でした。ただ、これに関しては、撃った回数と装弾する描写で推測できた人もいるでしょうね。

天空の城ラピュタ スタジオジブリ絵コンテ全集〈2〉
天空の城ラピュタ スタジオジブリ絵コンテ全集〈2〉宮崎 駿

Amazonで詳しく見る
天空の城 ラピュタ プランター ロボット兵の思い
天空の城 ラピュタ プランター ロボット兵の思い

Amazonで詳しく見る


【こちらも併せてどうぞ】
「天空の城ラピュタの原作はガリバー旅行記」は本当なのか?

シータがパズーを好きになった瞬間が早過ぎる!

崩れゆくラピュタから落ちているムスカ、絵コンテでも発見!



0 件のコメント:

コメントを投稿

◆関連コンテンツ