2013/11/25

トトロの原点!パンダコパンダ!


不覚にも先々月くらいに気づきました。

パンダコパンダは2012年で40周年。
それを記念して、今年も色々なイベント・企画をやっていたとは…。
40周年記念公式サイト(http://www.pandakopanda.jp/



■パンダコパンダについて

1972年&1973年(雨降りサーカス)劇場公開
原案・脚本・画面設定:宮崎駿
監督:高畑勲
作画監督:大塚康生



~あらすじ~
ここは日本、東京の郊外です。
美しい田園のひろがる街、まるでおとぎ話の世界のようです。
お城のように素敵な小さなお家に、素敵な少女ミミちゃんが、おばあちゃんと暮らしています。ミミちゃんは自由な女の子!嬉しいことがあると、お得意の逆立ちする女の子!ある日、この二人家族に、パンダの親子が仲間入りします。
それが、パンダコパンダです。
ミミちゃんはコパンダにとってママ、パパンダはミミちゃんにとってパパになりました。こうして、おかしな、ゆかいな物語が始まります。


~作品の背景~ 
日中国交正常化を記念して中国から2頭のパンダが贈られ、空前のパンダブームが巻き起っていた当時、高畑勲・宮崎駿らは、スウェーデンのリンドグレーン原作「長くつ下のピッピ」のアニメーション化を企画していたのですが、企画は頓挫。
そこでオリジナル企画として「パンダコパンダ」を立ち上げます。こうして制作された映画が、「ピッピ」の影響を色濃く感じられる作品となったのは、至極自然のことでした。 

~予告編~
http://www.ghibli-museum.jp/panda/trailer/


■登場キャラクター


パパンダ
おおらかで、とっても頼りになるお父さんパンダ。
毎日ミミ子ちゃんの家から動物園にお勤めします。

口ぐせ:とくに竹やぶがイイ
声の出演:熊倉一雄 


パンちゃん
とても可愛い子供のパンダ。
わんぱくで、冒険するのが大好きです。

特徴:好奇心旺盛
声の出演:太田淑子(パンダコパンダ) / 丸山裕子(パンダコパンダ雨ふりサーカス) 


ミミ子
ひとりでお留守番をするしっかり者のミミ子ちゃん。
元気いっぱいで、逆立ちするのが大得意。

得意のポーズ:逆立ち
声の出演:杉山佳寿子 


トラちゃん
サーカス団から逃げ出してきた子供のトラ。
すっかりみんなと仲良しに。

好きな食べ物:クッキー
[ 声の出演] 太田淑子 




このパンダコパンダ、作品自体は面白いんですが、
とにかくひたすらミミ子ちゃんが逆立ちばっかりするんで、
パンモロ連発で、なんかもうそれが気になっちゃうんですよね(笑)
いやロリコン的な意味じゃなくて、
何をそんなにパンモロシーン連発する必要があるのかと。


この作品、宮崎・高畑の両氏が関わっている作品ということもポイントですが、
パッと見でも分かるように、後のトトロにも共通するような要素が各所に見られ、
それは公式サイトが『トトロの元祖といっても過言ではありません』と評するほど。
それが垣間見られるという点でも貴重な作品です。


パンダコパンダ [DVD]
パンダコパンダ [DVD]杉山佳寿子,熊倉一雄,太田淑子,山田康雄,瀬能礼子,高畑勲,宮崎駿

Amazonで詳しく見る
パンダコパンダ (徳間アニメ絵本)
パンダコパンダ (徳間アニメ絵本)宮崎 駿,高畑 勲

Amazonで詳しく見る


【こちらも併せてどうぞ】
トトロが何と言っていたのかが分かった! ~ジブリの絵コンテ集から分かること~

ポニョと宗介はどうなるのか?『崖の上のポニョ』には続編の構想があった!

宮崎駿による『ぐりとぐら』映画化の構想があった!



0 件のコメント:

コメントを投稿

◆関連コンテンツ