2013/12/03

『となりのトトロ』の電報、絵コンテと本編の違いに意外な豆知識が!


ジブリの絵コンテから分かること。『となりのトトロ』第5弾。

物語の終盤、母親の身に何かあったのでは?と思わせる、七国山病院からの電報。この一通をきっかけに、大きなトラブルが起こってしまいますが、この電報、本編と絵コンテでは少しだけ、面白い違いがありました。



まずは本編にチラッと現れる電報。


読み取れるのは
「十九 シチコクヤマ マツゴ ウツカモリヨコ
クサカベ タツオ 殿 レンラク コウ』 シチコク」
の文字。

「シチコクヤマ」は、言わずもがな七国山病院のある地名のこと。「マツゴ ウ」は、作中のセリフから察するに、草壁一家の住んでいる松郷。「ツカモリヨコ」は、トトロの住むあの大きなクスの木がある森が塚森で、その「ヨコ」なので、つまり「塚森の横」、松郷よりさらに具体的な草壁家の住所(?)のようです。

そして「クサカベ タツオ」、これはお父さんの名前。「レンラク コウ」は七国山病院からの「連絡を請う」というメッセージ。以上が本編の電報から読み取れることです。

一方、絵コンテの電報はというと…

読み取れるのは
「十九 モリシタ マツゴウ トコロザワ
 クサカベ テツオ 殿 レンラクコウ』 シチコク」
の文字。

まず「モリシタ」、さっそく不明です(笑)“森の下”を指しているのか、どこかの地名を指しているのか、人の名前なのか。そして次、「マツゴウ」の後に書いてある「トコロザワ」。これはトトロの舞台の主要モデル地「埼玉県所沢市」を指していると見て間違いないでしょう。

『となりのトトロ』の本編では、具体的な作品の舞台がどこなのかはあえて明示されておらず、むしろ「具体的などこかではない」とされているはずですが、絵コンテの段階ではハッキリと書かれていますね。仮舞台として想起しやすいように明記しておいたのか、それとも当初は明確に所沢を舞台にするつもりだったのか。

そして「クサカベ テツオ」という表記、お父さんの名前が違う!草壁“タツオ”が“テツオ”になってます。この微妙な変化は何があったのでしょうか?(笑)
となりのトトロ スタジオジブリ絵コンテ全集〈3〉

となりのトトロ お昼寝クッション グレー
となりのトトロ お昼寝クッション グレー

Amazonで詳しく見る
となりのトトロ
となりのトトロ井上あずみ,宮崎駿,中川李枝子,久石譲

Amazonで詳しく見る


【こちらも併せてどうぞ】
トトロが何と言っていたのかが分かった! ~ジブリの絵コンテ集から分かること~

『となりのトトロ』カンタのお父さんはここに出てきていた!

となりのトトロ、担任の先生のあだ名が無慈悲過ぎる!



0 件のコメント:

コメントを投稿