2014/10/23

『ハウルの動く城』 絵コンテから分かる、ソフィーがヒロインになった瞬間!


ジブリの絵コンテから分かること。『ハウルの動く城』第2弾。

ロマンアルバムのスタッフインタビューなどでも明かされていることなのですが、ソフィーの顔つきは、(年齢の変化ではなく)物語が進むごとに変化しています。そしてあるシーンを境に、体型も変化しているのですが、そのシーンが絵コンテでは明かされています。


それは終盤。魔王になるリスクを冒しながら戦場に赴くハウルを止めるため、カルシファーを動かしてしまったソフィー。しかしそのため、動く城は崩れてしまう。

ソフィーはハウルの元へ行くため、一度崩してしまった城をカルシファーに動かしてもらおうとする。

カルシファー「じゃあ、ソフィーの何かをくれるかい?」
ソフィー「わたしの?」
カルシファー「オイラだけじゃだめなんだ、目とか…」
ソフィー目?これは?」

髪の毛を差し出すソフィー。すると…

激しく燃え上がり勢いを取り戻すカルシファー。

この時、髪を差し出したためソフィーはショートカットになりますが、
その説明書きには「ヒロインようやく登場!!」の文字。

宮崎監督の中では、ソフィーはショートになることでやっとヒロインになれたということでしょうか。そして、これを境にソフィーは変化しているのです。続く説明書きにはこうあります。

「ソフィー、髪型かわって、体型もスマートにかわります。
気づかれない位に、しらんかおして変えちゃう」

ここからのソフィーとそれまでのソフィー、見比べてみると面白いのではないでしょうか?


ハウルの動く城 (スタジオジブリ絵コンテ全集 14)
ハウルの動く城 (スタジオジブリ絵コンテ全集 14)宮崎 駿

Amazonで詳しく見る
ハウルの動く城 サウンドトラック
ハウルの動く城 サウンドトラック久石譲,倍賞千恵子

Amazonで詳しく見る


【こちらも併せてどうぞ】
『ハウルの動く城』絵コンテ豆知識、ひたすらイケメンなハウル

映画版と大きく違う、絵コンテで見る『風立ちぬ』のラストシーン

『千と千尋の神隠し』 湯婆婆があの時に放った技は「かめはめ波」だった!



0 件のコメント:

コメントを投稿

◆関連コンテンツ