2014/08/11

ジブリ次回作は『ある本』を読めば予測できる!?


「スタジオジブリ解散」「アニメから撤退」という報道とは何だったのか!?といった現在の状況ですが(参照:ジブリは「作り方を変えます」解散報道を否定!宮崎駿監督も短編製作に意欲!)、小休止のあと、ジブリはどんな作品が作られていくのでしょうか?

今回は「リテラ」というサイトの『もう一度いう。ジブリ解散も撤退もない、そして次回作はコレだ!』で非常に興味深いジブリ次回作の予想がなされていたので、ご紹介したいと思います。



まず、記事では「ジブリの解散はない」という理由が丁寧に解説されたのち、こう続いています。

あえてジブリの次回作を予測してみよう。実は筆者はジブリの次回作にあたりがついているのだ。
 何を根拠に? そう思われるかもしれないが、ヒントは2010年頃にスタジオジブリが非売品として作成した小冊子「岩波少年文庫の50冊」の中にある。岩波少年文庫は世界の児童文学の代表作を集めたシリーズだが、この小冊子は児童文学に造詣が深い宮崎駿監督がその岩波少年文庫からお気に入りの作品を50冊選んだもの。後に宮崎氏の著作『本へのとびら 岩波少年文庫を語る』(岩波新書)にも収録されている。

実は、最近の若手監督によるジブリ映画は、その「岩波少年文庫の50冊」で紹介されている作品がほとんどなのだ。

本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)
本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)宮崎 駿

Amazonで詳しく見る

息子・吾朗監督のデビュー作である『ゲド戦記』も宮崎監督が同冊子の中で強く薦めているし、2010年に公開された『借りぐらしのアリエッティ』も同書のなかに登場する『床下の小人たち』が原作。そして、現在公開中の『思い出のマーニー』についても、宮崎監督が同冊子で「この本を読んだ人は、心の中にひとつの風景がのこされます。入江の湿地のかたわらに立つ一軒の家と、こちらをむいている窓」と書いている。

つまり、この『本へのとびら――岩波少年文庫を語る』を読めば、ジブリ次回作の予想が立てられる、というわけですね。これはかなり有力な予測が期待できそうです。

では、具体的にどの作品が候補なのか? (中略) かなりの字数をさいて、思い入れたっぷりに語っているのが、『まぼろしの白馬』(エリザベス・グージ)『飛ぶ教室』(エーリヒ・ケストナー)『みどりのゆび』(モーリス・ドリュオン)『ぼくらはわんぱく5人組』(カレル・ポラーチェク)という4作品だ。

ここで挙げられている4作品のうち3作品は容易に購入することが可能です。しかし『ぼくらはわんぱく5人組』だけは、現在入手するのは難しいようです。

まぼろしの白馬 (岩波少年文庫)
まぼろしの白馬 (岩波少年文庫)エリザベス グージ,ウォルター・ホッジズ,Elizabeth Goudge,石井 桃子

Amazonで詳しく見る

飛ぶ教室 (岩波少年文庫)
飛ぶ教室 (岩波少年文庫)エーリヒ ケストナー,ヴァルター・トリアー,Erich K¨astner,池田 香代子

Amazonで詳しく見る

みどりのゆび (岩波少年文庫)
みどりのゆび (岩波少年文庫)モーリス ドリュオン,ジャクリーヌ・デュエーム,Maurice Druon,安東 次男

Amazonで詳しく見る

ぼくらはわんぱく5人組 (岩波少年文庫)
ぼくらはわんぱく5人組 (岩波少年文庫)カレル ポラーチェク,岩淵 慶造,小野田 澄子

Amazonで詳しく見る

宮崎監督は、この4作品にかなり力を入れて語っている。よってこの4作品が有力なジブリ次回作である、と記事では結論づけられています。

ここはあえて断言しよう。ジブリの次回作は『まぼろしの白馬』『飛ぶ教室』『みどりのゆび』『ぼくらはわんぱく5人組』このうちのどれかだ、と。

さて、この方の予想は当たるのでしょうか!?「長編作品は小休止する」と言っているスタジオジブリですが、再開した際の新作の中に、この4作品のどれかは入っているのか!?(入っている/入っていないを別にして、『本へのとびら――岩波少年文庫を語る』は面白そうですね。)



【こちらも併せてどうぞ】
宮崎駿による『ぐりとぐら』映画化の構想があった!

ジブリが好きなら必読!『ゲド戦記』の原案、宮崎駿の『シュナの旅』

ジブリ美術館で上映している『星をかった日』はハウルの少年時代の話!?



0 件のコメント:

コメントを投稿

◆関連コンテンツ