2013/10/19

見ていて楽しい!スーパーマン75周年を記念して作られた、その歴史を2分で振り返るショート・アニメーション


アメリカのコミック、映画、アニメなどでおなじみ、アメリカンヒーローの代名詞といえるスーパーマンが、今年で誕生75周年だそうです。それを記念して、彼の歴史の歩みを2分で振り返るショート・アニメーションが公開されていました。

この2分間のアニメーションは、スーパーマンの実質デビュー作の表紙から始まり、コミックだけでなく、アニメ、映画、ドラマ、ゲームを縦横無尽に駆け巡り、最後は映画『マン・オブ・スティール』の姿で締められています。



僕も全てを知っているわけではないですが、単純に見ていて楽しいですね。


知っている限りで内容を追ってみますと…
デビュー作の表紙から始まり、走って“ビルをひとっ飛び”、フライシャー兄弟のアニメ作品へ。後ろ姿で吹っ飛ばされているのは…最大の宿敵ともいえるレックス・ルーサー(?)

白黒に転じた時の彼は、初代実写のカーク・アレン…ではなく、ジョージ・リーヴスでしょうか。そして巨大化した後輩のジミー・オルセン(後に親友に設定変更)、ブレイニアック、ビザロを蹴散らし、スーパーガールや犬のクリプト、その他動物たちと合流。Mr. Mxyzptlkが登場して消え、スーパーブレスで火事を消化した自分の絵をデイリー・プラネットで見ている仮の姿のクラーク・ケント。見ている絵はアンディ・ウォーホルと…ロイ・リキテンスタインでしょうか?

ハンナ・バーベラのアニメ「ジャスティス・リーグ」ならぬ「スーパーフレンズ」、あのモハメド・アリとの戦い、おなじみ映画版のクリストファー・リーヴ、次に出てくるのは…何かのゲーム?

曲が一転。
ドゥームズデイとの死闘、ニュースにもなったスーパーマンの死。彼の死後に後継を名乗ったスーパーボーイ、サイボーグ・スーパーマン、スティール、エラディケイター、ロン毛時代、分裂時代から、カートゥーンネットワークで放送されていたスーパーマンへ。(個人的にはジャスティス・リーグも入ってて欲しかった!)邦訳もされた名作『キングダム・カム』。

そして赤パンを廃止したNEW52の彼が戦うのは、DCユニバース最大のヴィランの一人であるダークサイド。(某有名サイトはメタロと書いてましたが、どう見てもダークサイドです。)そしてオメガビームに吹き飛ばされた彼は、新スーパーマンのヘンリー・カヴィルになり…向かうは「75」の文字の上。

流れている曲が、かのジョン・ウィリアムズの定番曲から、ハンス・ジマーの『マン・オブ・スティール』版に変わるのもグッと来ます。

そんな『マン・オブ・スティール』の予告編


こうして聴き比べてみると、『マン・オブ・スティール』のテーマ曲もかなり良いですね。耳に残ります。

マン・オブ・スティール ブルーレイ&DVD(初回限定生産)
マン・オブ・スティール ブルーレイ&DVD(初回限定生産)ヘンリー・カビル,エイミー・アダムス,マイケル・シャノン,ケビン・コスナー,ダイアン・レイン,ザック・スナイダー

Amazonで詳しく見る
ジャスティス・リーグ:誕生(THE NEW 52!) (ShoPro Books THE NEW52!)
ジャスティス・リーグ:誕生(THE NEW 52!) (ShoPro Books THE NEW52!)ジェフ・ジョーンズ,ジム・リー,高木亮

Amazonで詳しく見る


0 件のコメント:

コメントを投稿