2013/11/19

トトロのエンディング、サツキとカンタはこんな会話をしていた! ~ジブリの絵コンテから分かること~


ジブリの絵コンテから分かること。今回は『となりのトトロ』第3弾。



物語は最後のシーン。ネコバスに乗って七国山病院に着いたサツキとメイ。病院にいるお母さんが元気な様子を、木の上で安心して見守っている。

ふと、お父さんは窓の外枠にトウモロコシがあるのを見つける。

お父さん「…あれ?……だれだろう?」
お母さん「…あっ」 お父さん「どうしたの?」
お母さん「今、そこの松の木で、サツキとメイが笑ったように見えたの。」

お父さん「…案外そうかもしれないよ。ほら。」

そしてあの主題歌が始まり、物語はエンディングへ…。

言わずと知れた名シーンです。作品を見た方はご存知の通り、エンディングでは、主題歌が流れている最中はセリフが一切発せられません。でもその最中にも、物語は少しだけ続いています。

特にサツキとカンタ、その後も何かを話し合っていました。

どんな会話をしていたんでしょう?想像するのも良いですが、実は絵コンテには、会話の内容が書いてありました。


メイを連れて帰ってきたサツキに、急いで駆け寄るカンタとバアちゃん。
涙を浮かべ、メイに頬ずりするバアちゃん。「よかった よかった」

そして、サツキとカンタは…

サツキ「ありがとう カンちゃん」
カンタ「へへ…パンクしちゃって病院までいけなかったんだ。」

そういえば、メイを捜索中にサツキと出会ったカンタは、池で子どものサンダルが見つかったことを告げる前に、「オレ、かわりに七国山へ行ってやるから。おまえは家に戻れ。」と言っていたのでしたね。パンクして行けてなかったんだ(笑)

でも“泥だらけ”、パンクした際に転んでしまったのか、代わりにメイ探しを一生懸命やっていた結果なのか。(本編では泥だらけになってる様子は見られず…残念。)傘に穴があいてる、カンタらしいエピソードでした。

となりのトトロ スタジオジブリ絵コンテ全集〈3〉
となりのトトロ スタジオジブリ絵コンテ全集〈3〉宮崎 駿

Amazonで詳しく見る
となりのトトロ サウンドトラック集
となりのトトロ サウンドトラック集サントラ,井上あずみ,杉並児童合唱団

Amazonで詳しく見る


【こちらも併せてどうぞ】






0 件のコメント:

コメントを投稿