2014/05/27

『もののけ姫』 コダマの初期イメージが怖い。


『もののけ姫』に登場するコダマといえば、これを思い浮かべますよね。


森に住んでいる精霊で、コミカルで可愛げのあるキャラクターです。


ですが、 The art of the Princess Mononoke―もののけ姫 (Ghibli the art series) に載っている、宮崎駿の描いた初期のイメージボードでは、コダマはお世辞にも「カワイイ」とはいえないものでした。



それがこちら。怖い。

当初は仮面を付けている設定だったようです。
頭身も大きくてなんか不気味。

いっぱいいる。怖い。

こちらを見守っている。怖い。


アシタカの真似をするコダマ。これはちょっとコミカルでしょうか。
でもドクロのお面とかあってやっぱり怖い。

完成版では可愛げのあるキャラクターになって良かったですね。初期のコダマのデザインは、宮崎駿監督が好きな漫画家、諸星大二郎先生の『マッドメン』の匂いがします。【MUD MEN 最終版 (光文社コミック叢書SIGNAL)


もののけ姫 サウンドトラック
もののけ姫サントラ,米良美一,宮崎駿,久石譲

Amazonで詳しく見る
インテリア雑貨 小物入れ もののけ姫 コダマがひとやすみ 17531
インテリア雑貨 小物入れ もののけ姫 コダマがひとやすみ 17531

Amazonで詳しく見る


 【こちらも併せてどうぞ】
『もののけ姫』 シシ神の初期イメージがただの変なジジイにしか見えない!

『もののけ姫』のコダマは『となりのトトロ』のトトロになったのか?

『千と千尋の神隠し』 カオナシの歌の歌詞が怖い!でも実は…



0 件のコメント:

コメントを投稿