2014/12/04

みんなちょっと違う!『魔女の宅急便』のトンボほか脇役たちの初期イメージ!


今回はジブリの『魔女の宅急便』から、完成した映画版とは違う初期イメージのトンボなど、キキ以外の脇役キャラのちょっと異なる初期案の姿をご紹介します。(※魔女の宅急便の初期のイメージボードには宮崎駿監督は関わっていません)

まずはトンボ。随分スラっとしています。

より「軽い少年」な印象が強いでしょうか?

こちらも初期トンボ。お調子者な印象が強い姿です。

次は初期のウルスラ(のひとつ)。ツンとしてる感じでしょうか。
年齢もだいぶ上な印象ですね。

おソノさんの旦那案のひとつ。コワモテすぎる!

「あたしこのパイ嫌いなのよね」で視聴者を敵に回したあの子。
こんな雰囲気になる案もありました。

このこれらの案で映画化したらどうなっていたのか?想像してみるのも面白いと思います。以上の絵は全て『The art of Kiki’s delivery service』に収録されていますので、よろしかったらご覧になってみてください。

The art of Kiki’s delivery service (ジ・アート・シリーズ (16))
The art of Kiki’s delivery service (ジ・アート・シリーズ (16))アニメージュ編集部

Amazonで詳しく見る


【こちらも併せてどうぞ】
『魔女の宅急便』 イメージが違う色々なキキ!スク水のキキ!

ジブリ作品の脇役が主役の短編作品が公開中!?

『耳をすませば』には中・小トトロとジジがゲスト出演している&その他豆知識!



0 件のコメント:

コメントを投稿