2015/10/09

『思い出のマーニー』脚本家が語る裏設定!


今回は、『思い出のマーニー』の脚本を担当した丹羽圭子さんが書籍『思い出のマーニー ビジュアルガイド』に語った、映画で描かれていない設定をご紹介します。

(インタビュアー)―鈴木さんからの要望はありましたか?

舞台を日本にすること。時代を携帯やネットがまだ普及していないくらいの現代近くにすること、の2つです。観客との距離が離れないように舞台は日本に。そして湿原が舞台なので北海道がいいのでは、とのことでした。現代にすると携帯やネットが入って、いろいろなことが変わってしまうので……ちょっと前、というように。ただし、マーニーは外国人、ということで。

―具体的に作業はどのように進んだのですか?

まずマーニーの家族の歴史を考えました。舞台を日本にした場合、全く有り得ない話ではいけないので、釧路の歴史を調べて、マーニーの家族とどう当てはめるのか……。釧路には欧米から貿易船が来ていたので、マーニーのお父さんは米国商社に勤めていて貿易船で来たときにパーティーで日本人のお母さんと知り合って……結婚し、妻子は湿地屋敷に住まわせるが、年に2回ほどしか日本に来られない……など、一応自分が納得する設定を決めました。(後略)

作品を見ていて、気づかれた方もいると思います。そう、『思い出のマーニー』には携帯もネットもほぼ登場しません。そういえば、杏奈は手紙を書いていましたね。

※訂正・補足情報

では、この世界には携帯やネットはないのか?と思いきや、コメントでご指摘いただきましたので、訂正してお詫びいたします。序盤、杏奈の友人がお見舞いに訪ねてくるシーンで…
間違いなくスマホを持っていますね。つまり、やはり舞台は現代のようです。失礼いたしました。ということは、鈴木さんの案は完全には作品に反映されなかったのでしょうか?しかし、北海道での生活はネットも携帯も使われていませんでしたので、現代風なアイテムはなるべく使わないという設定は使用されたのではないでしょうか。

そしてマーニーのお父さん、年に2回しか日本には来ない…マーニーはとても寂しかったでしょうね。

思い出のマーニー ビジュアルガイド
思い出のマーニー ビジュアルガイドスタジオジブリ

Amazonで詳しく見る
思い出のマーニー〈上〉 (岩波少年文庫)
思い出のマーニー〈上〉 (岩波少年文庫)ジョーン ロビンソン,ペギー・フォートナム,Joan G. Robinson,松野 正子

Amazonで詳しく見る


【こちらも併せてどうぞ】
「舞台は瀬戸内」宮崎駿、『思い出のマーニー』にやっぱり口を出していた&無視されていた!

行き詰まった『もののけ姫』を救ったCHAGE and ASKAの『On Your Mark』

宮崎監督、自分が描いた水彩画集へのコメントが正直すぎて面白い!



2 件のコメント:

  1. 杏奈の同級生が3人訪ねて来る時、何やら携帯(スマホ)らしきものを持ってる女の子がいます。あれは何でしょうか??大発見??

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。確かに!間違いなくスマホをいじってますね…ということは、この案はスタッフ間で統一された見解ではなかったのかもしれませんね。ご指摘ありがとうございます。この記事は訂正させていただきます。

      削除