2014/07/06

ジブリ美術館で上映している『星をかった日』はハウルの少年時代の話!?


ジブリ美術館にてある一定の期間上映されている、井上直久さんの『イバラード』の世界を短編アニメ化した作品『星をかった日』。

原作:井上直久「イバラード」より
脚本・監督:宮崎 駿

ノナ少年はいつの間にか誰もいない砂漠をひとりで歩いていました。ノナは、そこでふしぎな女性ニーニャと出会い、彼女の農園の小屋で暮らし始めます。そんなある日、ノナは野菜とひきかえに星の種を手に入れて育てることにします。

この短編アニメが『ハウルの動く城』のハウルの少年時代の物語である、という一見疑わしい話があるのですが、これが事実なのです。以下、井上直久さんのツイート。




イバラード自体は井上さんの生み出した世界ですので、元々ハウルとの関連性はありません。つまり、宮崎監督がイバラードの世界観に「ハウルの子供時代の物語」という独自の裏設定を加え、アレンジを加えたのが『星をかった日』のようです。

井上さんのツイートにある「鈴木さんが言った」という発言とは、ジブリまみれさんのサイトによると、ニコ生での発言だそうです。(当該発言はこちらの54分30秒頃から 押井守ブロマガ開始記念! 世界の半分を怒らせる生放送 押井守×鈴木敏夫×川上量生


イバラードの旅
イバラードの旅井上 直久

Amazonで詳しく見る
ハウルの動く城1 魔法使いハウルと火の悪魔 (徳間文庫)
ハウルの動く城1  魔法使いハウルと火の悪魔 (徳間文庫)ダイアナ・ウィン・ジョーンズ,西村 醇子

Amazonで詳しく見る



【こちらも併せてどうぞ】
ハウルを観るのがもっと楽しくなる!『ハウルの動く城』の裏設定&用語集!

『ハウルの動く城』に登場する星の子は死にたがっていた!?

「『千と千尋の神隠し』の舞台・モデル地は九份」というデマについて



0 件のコメント:

コメントを投稿