2014/03/18

『紅の豚』 絵コンテだけに存在する幻のラストシーン


ジブリの絵コンテから分かること。『紅の豚』第2弾。
※今回の話は前回の投稿をご覧いただいたほうが、分かりやすい形となっております。

『紅の豚』のラストシーン。
フィオ「ジーナさんの賭けがどうなったかは、私たちだけの秘密…。」

そして、加藤登紀子さんの『時には昔の話を』が流れるエンドロールへ。歌が終わると、赤い飛行艇が雲の向こうへ消えていき、物語は終わりを迎える…。

前回の投稿で紹介しましたように、絵コンテの段階では、このラストシーンまでの構成にやや違いがあったり、カーチスに衝撃の未来が待っているなど、本編とは違う点がいくつかありました。そして特に異なっているのは、絵コンテには映画本編ではカットされたシーンが存在している点です。前回見たようなカーチスのくだりの後、絵コンテはこう続いています。


(上)スライドで、左よりポルコ艇がおいぬいていく
(下)窓から見たニアミス中のポルコ こっち見るパイロット

親指をたてる
酸素マスクをつけているので顔は判らない
前むいてスーッっと加速していく

アドリア海の雲の谷間へ降下していく真紅の飛行艇
やがて雲間に消えて
以下、クレジットタイトルにつづく

これが本編ではカットされた、幻のラストシーンでした。ジェット機を追い抜いていくポルコの愛機「サボイアS.21」!ということは、時代は『紅の豚』の時代よりもさらに現代に近づいているのでしょうか?そして、彼の顔は見えないようになっています。ポルコは人間に戻ったのか、それともまだ豚のままなのか…。

(後に宮崎監督は雑誌『CUT』のインタビュー風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡 (文春ジブリ文庫) 収録】で「でもそんなもん、すぐ人間が豚に戻るのは当たり前じゃないですかね」「あの豚は、十日ぐらい経つとなにもなかったような顔してねえ、飯食いに来るんですよ」とやさぐれたように言っていますけど(笑))

ちなみに「THE ART OF 紅の豚」には、エンディングに出てくる予定だった同カットのカラー写真が存在しています。

THE ART OF紅の豚 (ジブリTHE ARTシリーズ)
THE ART OF紅の豚 (ジブリTHE ARTシリーズ)アニメージュ編集部

Amazonで詳しく見る



そういえば、フィオの回想中に出てくるこのシーンに

ポルコの飛行艇らしきものがある=ジーナは賭けに勝った、という説があります。

確かにポルコの飛行艇に見えますし、かなり有力な説だと思います。ただ、せっかく「私たちだけの秘密…」という言葉で物語を締めくくっているのに、こっそり“答え”を描いてしまうものなんでしょうか。それをやってしまうと野暮な気もするので、そこが引っかかる点です。(絵コンテの同じシーンにはポルコの飛行艇らしきものはありませんでした。)

追記:宮崎監督が「ジーナは賭けに勝ったのか?」について語っている部分をご紹介した記事です。
『紅の豚』 ポルコは人間に戻れたのか?ジーナは賭けに勝ったのか? 

ところで、某所に【宮崎駿は『飛行艇時代』のインタビューで、「ジーナとポルコは結ばれる」と語っている】と書かれているのですが、いま、『飛行艇時代』が手元にありますけど、そんな事はどこにも書かれていないですね。

これはおそらくですが、ポルコがマルコ・パゴットだった頃の機体には「4」と書かれており、
その理由を宮崎監督が「ポルコがジーナの4番目の亭主だから」と言っているので、これを拡大解釈してしまったのではないかと思います。(これは非常に微妙なニュアンスを含む言葉なので、これをもって「ポルコとジーナは結ばれる!」と断言するのは早計だと思います。)

そして「あの豚は、十日ぐらい経つとなにもなかったような顔してねえ、飯食いに来るんですよ」と言っている宮崎監督。本当の胸中やいかに!?

紅の豚 スタジオジブリ絵コンテ全集〈7〉
紅の豚 スタジオジブリ絵コンテ全集〈7〉宮崎 駿

Amazonで詳しく見る
飛行艇時代―映画『紅の豚』原作
飛行艇時代―映画『紅の豚』原作宮崎 駿

Amazonで詳しく見る
※こちらは『雑想ノート』と違い、単独版になっています。


【前回の投稿です】
『紅の豚』 絵コンテのエンディングではカーチスが○○になっていた!

【こちらも併せてどうぞ】
『紅の豚』 ポルコは人間に戻れたのか?ジーナは賭けに勝ったのか?

「サン=テグジュペリを撃墜した」と告白した男と『紅の豚』



0 件のコメント:

コメントを投稿