2016/01/22

考えさせられる。『魔女の宅急便』に出てくる「アタシこのパイ嫌いなのよね」の子に対する宮崎監督の言葉


今回は、ジブリ版『魔女の宅急便』でも有名な“あのシーン”に対する宮崎駿監督の考えさせられる言葉をご紹介します。



物語は中盤、突然の雨でずぶ濡れになりながら、優しい老婦人の焼いたパイを彼女の孫に届けに向かうキキ。しかしそこで待っていた孫は…

冷めた態度だった。

「おばあちゃんからまたニシンのパイが届いたの」
「だから要らないって言ったのよ」
「アタシこのパイ嫌いなのよね」

…その冷たい対応と老婦人とのギャップで、この子に怒りを覚えた方もたくさんおられると思います。私もイラッとしました(笑)。しかしこのシーンに対して、宮崎監督は『ジブリの教科書5 魔女の宅急便 』(文春ジブリ文庫)に収録されたインタビューにおいて、このように仰っています。

 「(前略)老婦人のパイを届けた時に、女の子から冷たくあしらわれてしまうわけですけど、宅急便の仕事をするというのは、ああいう目にあうことなんですから。特にひどい目にあったわけじゃあなくてね、ああいうことを経験するのが仕事なんです。
 僕はそう思いますし、キキはあそこで自分の甘さを思い知らされたんです。当然、感謝してくれるだろうと思い込んでいたのが……。違うんですよ。お金をもらったから運ばなきゃいけないんです。もし、そこでいい人に出会えたなら、それは幸せなことだと思わなくちゃ……。別に、映画ではそこまでは言ってませんけどね(笑)。僕らだって宅急便のおじさんが来た時に「大変ですねぇ、まあ上がってお茶でもどうぞ」なんて、いちいち言わないじゃないですか(笑)。ハンコをわたして、どうもご苦労さん、それで終わりでしょ。」

――でも、女の子の宅急便やさんなら、違うと思いますけど。

 「いやぁ、同じですよ。だから、僕はあのパーティの女の子が出てきた時のしゃべり方が気に入ってますけどね。あれは嘘をついていない、正直な言い方ですよ。本当にいやなんですよ、要らないっていうのに、またおばあちゃんが料理を送ってきて、みたいな。ああいうことは世間にはよくあることでしょ。それがあの場合、キキにとってはショッキングで、すごくダメージになることかもしれないけど、そうやって呑み下していかなければいけないことも、この世の中にはいっぱいあるわけですから。」

また、書籍『風の帰る場所』のインタビューではこのように言っています。

 「(前略)たぶん一番つらいのは、あの映画を観てキキが運んでいったパイがね、ああいう扱いを受けたっていうときに腹を立てる子供はいっぱいいると思うんだけど、気がつかないうちにその腹を立てさせる側をやってるっていうことなんですよ。
(中略)
子供のほうにしてみれば、確かにニシンとなんかのパイなんか持ってこられたって困ると思うんですけどね。いい加減にしてよ、おばあちゃんっていう(笑)」

…確かに、そうかもしれませんね。冷たい対応をしたあの子に腹を立てている私たちだって、気づかないうちに同じ態度を取っているのかもしれません。少なくとも、誰しも一度は面倒くさそうに対応したことはあるのではないでしょうか?または、要らないものを送られてきて、迷惑に思ったり…。自分たちもいつの間にか「ニシンのパイの子」になっていないよう、気をつけたいですね。

ジブリの教科書5 魔女の宅急便 (文春ジブリ文庫)
ジブリの教科書5 魔女の宅急便 (文春ジブリ文庫)スタジオジブリ文春文庫

Amazonで詳しく見る


【こちらも併せてどうぞ】
宮崎駿が恥ずかしがった、魔女の宅急便のポエム&イラスト集『元気になれそう』

みんなちょっと違う!『魔女の宅急便』のトンボほか脇役たちの初期イメージ!

『魔女の宅急便』 イメージが違う色々なキキ!スク水のキキ!



0 件のコメント:

コメントを投稿