2016/09/24

“闇の千と千尋の神隠し”のような自主制作アニメーション『百足商店街』


『千と千尋の神隠し』が“陽”ならば、こちらは“陰”ともいうべき、「闇の世界の千と千尋の神隠し」のような世界観の自主制作アニメーションをご紹介します。

とある少女が路地裏に入っていきます。

立入禁止の柵を越えて向かう先は…?


…続きは本編をご覧ください。


いかがでしたでしょうか?多層構造になっている町並み、アジアンチックで雑多な商店街、そこに住んでいる異形の住人たち、『千と千尋の神隠し』や『九龍城砦』に影響を受けたと思われますが、それをさらに踏み越えた、奇怪でむせ返るような世界が魅力的な作品です。

「ふしぎの町」ならぬ「ぶきみの町」、と言ったところでしょうか。

監督のお名前は後藤千尋さん。千尋…何かの縁でしょうか?作品には、DIR EN GREYの『輪郭』のミュージックビデオや長編アニメーション『緑子』で有名なアニメーション作家、黒坂圭太さんも協力されているようです。

緑子/MIDORI-KO [DVD]
緑子/MIDORI-KO [DVD]涼木さやか,ゆうき梨菜,チカパン,黒坂圭太

Amazonで詳しく見る


【こちらも併せてどうぞ】
“僕らは生まれつき身体のない子どもたち” たまの『電車かもしれない』に映像を付けた白昼夢のようなアニメーション

大正ロマンとSFの融合した世界観が創りだす幻想活劇アニメ『端ノ向フ』

少女の妄想が禍々しい塔のように具現化していく…短編アニメーション『空想少女』



0 件のコメント:

コメントを投稿