2016/11/22

『猫の恩返し』 初期イラストのハルたちは少女マンガ風!


『猫の恩返し』は柊あおいさんが原作を作り、それをさらに映画用に変化させているそうです。そのため、柊あおいさんが描いた初期設定資料が存在します。今回は、書籍『ロマンアルバム 猫の恩返し』より、柊あおいさんが描いた資料を完成した映画版の姿と比較してご紹介します。


主人公の吉岡ハル。
「基本的には変わらない」と書いてありますが、
絵のタッチは少女マンガ風で結構違うように思います。

完成した映画版のハル
見比べてみるとやはりちょっと違うように思います。

猫ハル

映画版

友人のひろみ

映画版

猫王とユキ。ユキはさほど変わりがありませんが、
猫王はちょっと邪悪な感じが漂っています。

映画版の猫王

こちらは猫の国。原作の設定では球状の世界であり、
中心にある「猫目石」がこの世界を形成する力の源となっていたそうです。

なんだかこちらの設定も面白そうですね。

猫の恩返し (ロマンアルバム)
猫の恩返し (ロマンアルバム)

Amazonで詳しく見る
The art of the cat returns―猫の恩返し (Ghibli the art series)
The art of the cat returns―猫の恩返し (Ghibli the art series)スタジオジブリ

Amazonで詳しく見る


【こちらも併せてどうぞ】
『猫の恩返し』に出てくる猫の国は、原作では死んだ猫が行く場所だった!

スタッフドン引き!『猫の恩返し』のラストのスカイダイビングで宮崎駿が言わせようとしていたセリフは○○だった!

名探偵バロンの物語!?『猫の恩返し』はテーマパークのための20分アニメになる予定だった!



0 件のコメント:

コメントを投稿