2018/08/03

吉野源三郎の『君たちはどう生きるか』とジブリ新作に関連はない


吉野源三郎の『君たちはどう生きるか』、売れていますね。これはハッキリ言ってしまえば、宮崎監督の新作のタイトルが『君たちはどう生きるか』だったからであると思うのですが、では、吉野源三郎さんの作品が原作なのかと言うと、どうでもそうではないようです。

以下、書籍『ジブリの教科書18 風立ちぬ』 より、鈴木敏夫プロデューサーの言葉です。

 吉野源三郎さんの『君たちはどう生きるか』が、いまあらためて読まれているのは、 そういう現代社会への反動でしょう。映画の内容と、吉野さんの本との間に直接的な関係はないんですが、宮さんがそのタイトルを持ってきたとき、僕は感心したんです。タイトルを見た関係者の中には「古くさい」と言う人もいました。でも、僕は逆に「この人はまったく古びてない」と思った。世の中が閉塞感に覆われて、これ以上どこにも行けない雰囲気が充満する中、このテーマにはぜったい多くの人が興味を持つはずです。
まだ詳しい内容は言えませんが、絵コンテを見るかぎり、宮崎駿は健在。まるで永遠の少年のようです。現場で活き活きと働く宮さんを見ていると、『風立ちぬ』というリアリズム作品じゃ終われなかったんだなと、つくづく感じます。やっぱり宮崎駿の真骨頂はファンタジーにある。

「映画の内容と、吉野さんの本との間に直接的な関係はない」とハッキリ言ってしまっていますので、それ目当てで本を読んでしまった方にとっては残念なお話ですが、名著を読む機会があったのですし、全く無駄ではないかもしれませんね。





【こちらも併せてどうぞ】
宮崎監督の語るトトロ2の可能性「トトロは愛想を振りまきすぎた」「ぼく自身がもう変わっている」

『火垂るの墓』の有名なネタ話「この時の作者の心境を答えよ」「締め切りに追われて必死だった」はデマなのか?

『思い出のマーニー』の美術監督、種田陽平さんが語るジブリスタッフの持つ「少女性」



0 件のコメント:

コメントを投稿

◆関連コンテンツ