2020/12/02

緻密な映像美、自主制作アニメ『PUPARIA』


今回は、緻密で美しい日本の自主制作アニメーション『PUPARIA』をご紹介します。『PUPARIA』は「ピューパリア」と読むそうで、日本語では「蛹」「蛹殻」といった意味があるそうです。

約2分半ほどのアニメーションは、どういう物語があるのかなどは一切説明もなく、ただ何かがありそうな予感のする映像が美しく、それが圧巻となっています。


このアニメーションを制作したのは玉川真吾さんという方で、制作には2年かかっているそうです。玉川さん曰く「どこで止めても絵として成立させる、というのが今回の目標の一つ」
「アニメは映像である前に絵だと思っているので、その強さを失いたくないと思って作りました」とのことですが、確かに以下のように画像を切り取ってみると、これだけで一つの絵として完成されているのがよく分かります。

ちなみにこの作品は新千歳空港国際アニメーション映画祭の日本コンペディション部門にノミネートされたそうです。



【こちらも併せてどうぞ】
フランスで行われた「ミノタウロス」と「巨大クモ」の巨像が街を練り歩くショーが素晴らしい迫力!

あらゆる分野のクリエイターに影響を与え続けるチェコアニメの巨匠、ヤン・シュヴァンクマイエルの代表作『アリス』

“アート・アニメーションの神様”ユーリー・ノルシュテインの代表作『霧の中のハリネズミ』

0 件のコメント:

コメントを投稿

◆関連コンテンツ