2017/06/21

ポニョの絵コンテ集は水彩絵の具で着色されていて美しい!


今まで当ブログではいくつかの絵コンテ集をご紹介してきましたが、今回ご紹介する『崖の上のポニョ』の絵コンテ集は、いつもと少し違った形でオススメしたい一品です。というのも、ポニョの絵コンテ集の最大の特徴は「水彩絵の具で着色されている」という点にあるからです!

まずは冒頭のシーンをご覧ください。

このように、絵コンテがほぼ全てのページに渡って彩色されているのがポニョの絵コンテ集なのです!そしてご覧頂いたように、右側にセリフや場面に対する説明が書かれているため、丁寧な解説付きで読んでいるような気分にもなれ、読み物としてもとてもお得なのです。

それでは、他のページもいくつかかいつまんでご覧頂きましょう。

こちらは冒頭の次のページ。
場面を書く欄から外れて絵が描かれている気合の入りっぷり。
説明には生態系無視!と書かれています。

オープニング主題歌のシーン。綺麗に描かれています。

ポニョが宗介に会いに海から上がってくるシーン。

 グランマンマーレの登場直前シーン。
金色が非常に美しいです。

グランマンマーレ登場。赤色が印象的です。

水没した町のシーン。緻密に描かれており圧巻です!

このように、ポニョの絵コンテ集は絵本のように見ることができるとも言える、非常に美しい一冊となっています。ブログでは表現しきれませんでしたが、実物はもっと細かいところまで、絵の具の美しさと繊細さを見ることが出来るようになっております。ぜひとも必見です!



【こちらも併せてどうぞ】
『崖の上のポニョ』宮崎監督による「ブリキの赤いカエル」だったポニョのイラスト!

『崖の上のポニョ』 津波の後の町は“死後の世界”ではありません。

ポニョと宗介はどうなるのか?『崖の上のポニョ』には続編の構想があった!



0 件のコメント:

コメントを投稿